Introduction2017起業家紹介

大森美和写真(最終)②

G-WILL INTERNATIONAL http://www.gwill.jp大森 美和 さん

G-WILL INTERNATIONAL 代表

 

上田市出身。小学校教諭経験を経て、アメリカの大学院へ留学。キャリア教育・カウンセリングについて学び、帰国後は厚生労働省の研究機関やインターナショナルスクールに勤務。アメリカ留学で培った専門性やネットワークを活かし、地方の人々と世界をつなぐキャリア開発プログラムを提供。

---英語を学ぶ留学や研修だけでなく、「英語を学ぶため」ではない、独自の留学・研修プログラムも提供されているそうですね。

はい、語学研修を目的とする海外研修や留学の他、学生やビジネスマンを対象に、スポーツや芸術、研究などの専門領域を学ぶ留学や研修のサポートをしています。英語はコミュニケーションツールなので、もちろん勉強は必要です。でも、英語を身につけることが最終目的ではなく、世界の公用語である英語を使い自分の目指すキャリアをどう実現するか、海外やグローバルな環境において、自分の考えていることを表現し行動することを通して、実務能力を養成することが大切だと思います。

これから先は、ますますグローバルに活躍できる人材が求められる時代ですから、従来の「語学留学」とは違うプログラムには、高いニーズがあると考えて活動しています。

---2020年には小学校で英語が必修化するなど、日本の英語教育は大きく変わりつつあります。大森さんの今後の目標は?

私自身、留学したいと決めてから実現に至るまでは簡単な道のりではありませんでした。でもアメリカ留学では、本当に色々な体験をしましたし、今の仕事につながる人脈を築くこともできました。人生を変えるような海外での学びを、これからの若い人たちや、首都圏に比べて得られる情報が限られ、留学への窓口も少ない地方の学生さんにもぜひ体験してほしいですね。

「海外に行きたい」と思ったとき、知りたい情報にスムーズにアクセスしたり、自分の学びたいことへ確実にアプローチできるようなサポートを、どんどん強化していきたいです。また、その前段階として、小学生の年齢における英語教育で「英語が好きになる」子どもを増やせるような学習プログラムを構築しています。地方から世界で活躍できるグローバル人材を一人でも多く育成し、地域社会の国際化に貢献できる事業を目指していきたいです。